弊社では、アフターサービスの一環としてユーザーの皆様にご満足いただける情報の提供を目指し、
G-scanをご購入いただいたお客様を対象に技術研修会を開催しております。

お客様のご要望にお応えできるよう、平成25年よりオンサイトサービスに変わりました。
ご希望いただいたお客様のもとへ弊社エキスパートエンジニアが伺い、技術研修会を行います。

 技術研修会は、電子制御システムの解説やG-scanの活用方法から故障診断や故障探究の実施方法まで、実践的に学べるプログラムとなっています。ベーシックなスタイルとして、「STEP1」 「STEP2」 「STEP3」 「コモンレール編」と4つのプログラムにより、故障診断の技術を段階的に積み上げるお手伝いをします。お客様のご要望にあわせ、技術研修会のプログラムをオーダーメードしていただくことも可能です。

① 対象: G-Scan または G-scan Lite をご購入いただいたお客様
② 対象地域: 全国(離島を除く)
③ 内容: STEP1 [座学]
電気制御システム・OBDと故障診断機・G-scanの機能
故障コードとは・データの意味・部品の良否判定方法
[実技]
ブレーキフルードのエア抜き・故障コードについて
データの読み方、故障探究方法(基礎編)
STEP2 [座学]
ハイブリッド、HVバッテリー、ECBブレーキの構造
CAN通信の概要・故障コード検出時の故障診断事例
[実技]
ハイブリッド、HVバッテリーの点検と整備
CAN通信の点検・故障診断事例・故障探究方法(中級編)
STEP3 [座学]
車両電子制御回路や配線図の説明・データ表示の詳細
ECUや電子制御部品の特性・高度故障探究方法
[実技]
車両における電気の特性・高度部品良否判定技術
高度故障探求の実践(上級編)
コモンレール編
[座学]
コモンレールDPFマフラー、インジェクター、サプライポンプの詳細
コモンレール車の特性・故障診断事例の紹介
[実技]
DPFマフラーの強制再生・インジェクターIDの登録方法
学習値初期化・データの読み方・故障探究方法
④ 定員: 10名まで / 1回
(10名以上は要相談)
⑤ 費用: STEP 1 / ¥100,000~
STEP 2 / ¥100,000~
STEP 3 / ¥100,000~
コモンレール編 / ¥100,000~
車両手配の費用や、地域によって料金が異なります。
⑥ 訪問可能日: 平日・土日・祝日(年末年始・夏季休業日を除く)
STEP1 STEP2 STEP3のすべてに参加していただいた方には、株式会社インターサポートが推奨する、認定証を授与いたします。(認定証は他の機関における効力はございません)
開催のお申し込みはお電話のみにてお受けいたします。